タバコの常識が変わる?電子タバコを使いこなして新しい喫煙スタイルを楽しもう!

電子タバコは風味が劣化しないのが大きな利点

従来の紙巻きタバコは包みを開けた直後から劣化が少しずつ進みますが、これは空気中の水分をタバコの葉が吸収するためです。湿気が多くなるとタバコの風味が減ってしまうため、開封したタバコはすぐに吸う必要があります。また、日光による日焼けもタバコの品質を損なう要因ですが、電子タバコなら湿気や日光による劣化の心配はありません。電子タバコはカートリッジ内にあるリキッドを専用の電熱器で加熱させて発生した蒸気を吸う嗜好品です。カートリッジは封入式なのでリキッドが湿気や日光に晒されず、いつまでも風味を保てるようになっています。そのため、使いかけのカートリッジを保管して別の風味を持つカートリッジを吸引する使い方も可能です。

従来のタバコには無い風味を楽しめるのも魅力のひとつ

電子タバコの最大の魅力は様々な風味を手軽に楽しめる点です。従来の紙巻きタバコにもハッカなどで香りが付けられた製品がありますが、あくまでも添加しただけなので基本的なタバコの風味は変わりません。電子タバコ用のカートリッジはタバコの成分を一切使っていない物もあるので、紙巻きタバコには無い独特の風味を堪能できるのが特徴です。別売りのリキッドをカートリッジに注入することで他には無い自分だけのオリジナルカクテルを作るのも電子タバコならではの楽しみ方と言えます。電子タバコは電熱器が高額なので初めて使う際は出費が高額になりますが、それ以降はカートリッジや注入用のリキッドを買い足すだけなので金銭面の負担軽減にも繋がります。

vapeで使用するコイルなどは消耗品なので、定期的に交換やメンテナンスが必要になります。このように、余分な手間がかかるというのはデメリットになり得ます。