自宅で屋上庭園も夢じゃない屋上緑化のメリットとデメリット

屋上緑化一般家庭でもできるの?

最近はオフィスビルや商業ビルの屋上などに庭園や菜園などを作って、憩いの場や農作業を楽しむ場として有効活用している例をよく見聞きします。
一般家庭では難しいのではと思われがちですが、軽い土や設備の開発、排水技術などの進歩などにより、以前より導入しやすくなっています。自治体によっては、助成金などを出しているケースもあるので確認してみましょう。

人にも環境にも優しい屋上緑化のメリット

屋上緑化のメリットとして言われている一番のことは、ヒートアイランド現象の緩和です。植物を植えることで、その蒸散作用や遮熱効果で地球温暖化を抑える効果があるといわれています。また、建物に対しては紫外線や酸性雨からおこる屋上の劣化などを防いだり、断熱効果があるので屋内の省エネルギー化を可能にしたりという効果があります。
もちろん、緑に囲まれる癒しやリラックス効果、収穫体験などの楽しさを味わえるというメリットも忘れてはならない点です。

屋上緑化のデメリット

デメリットとしてまず浮かぶことは、メンテナンスの大変さです。屋上に限らず、庭を美しく保つためには手入れが必要ですが、日差しが強いために乾きやすい環境であることや、余分な水は土に吸収されるわけではないので排水しなくてはならないことなど、地面の庭にはない気遣いが必要になってきます。また、大きな木を植えてしまうと落ち葉が近隣に迷惑をかけたり、根が張って建物の躯体に影響を与えてしまうことなども考えられます。
初めて屋上緑化を取り入れようという場合には、デザインや植物の選定など専門家とよく相談して、建物にあったケアしやすい方法を選ぶようにしましょう。

屋上緑化とは、建物の屋上で植物を栽培することです。これにより、植物によって夏を涼しく過ごせたり、建物の外観がよくなったりなどなどメリット盛りだくさんです!