初めて機械式腕時計を買う場合はどんなものを買ったらいいか?

手巻きか自動巻きか?

機械式腕時計には手巻きと自動巻きの2種類があります。手巻き商品を一般的には上級者・腕時計マニア向けといわれており、基本的に毎日時間を作ってゼンマイを手巻きする時間を作らなくてはなりません。それに対して、自動巻き商品に関しては基本的に自分でゼンマイを巻く必要はなく、毎日通勤・通学中に腕を振って歩いていればOKです。さらに長期休暇中などでしばらく腕時計をつけない日が続く場合は、ワインディングマシーンにセットすれば時計がとまってしまうような事はありません。ワインディングマシーンは決して高価なわけではなく、安いものは5000円前後で買えますので、初めて機械式腕時計を買うなら自動巻き商品がおすすめです。

値段はどれくらいの商品がいいか?

続いて、どれくらいの価格帯の商品がいいかというと、あまり高額な商品は推奨できません。実際に買ってみたあとでクオーツ式のほうが自分に合う事に気づいて機械式商品を使わなくなってしまったら、購入にかけたお金が無駄になってしまいます。低額商品であれば、もし購入後すぐに使わなくなってしまっても損額額はわずかのため、はじめて買う場合は是非安いものを買ってみてください。ちなみに世界的な人気を誇る某日本メーカーは5万円以内で買える安くて高品質な自動巻き商品を販売しています。

ネットで中古品を買うのもおすすめ

自分に機械式腕時計が合うのかわからない中、テスト的な意味合いで商品を買うならインターネットのモール内で格安中古品を買うのもおすすめです。モール内でキーワード検索してみると、3000円前後で買える中古の自動巻き商品も見つかりますので、そういったものは試しに買ってみる商品として最適と言えます。

ウブロは、1980年にスイスで生まれた時計ブランドです。イタリアのファッション業界で人気が出たのをきっかけにヨーロッパ王族などの御用達になり、急速にその名前が知れ渡るようになりました。